「お悔やみ申し上げます」や「ご愁傷様」と「ご冥福をお祈りします」の違い

心に残る家族葬

「お悔やみ申し上げます」や「ご愁傷様」と「ご冥福をお祈りします」の違い

メディアの報道やSNSなどでは訃報に際し「ご冥福をお祈り致します」「ご冥福を」という言葉を添える事が多いが、この表現は本来使うべきではないとする見方がある。実際の葬儀でも遺族に「ご冥福を~」と言うことはあまりなく、やはり「御愁傷様」「お悔やみ~」が一般的であるように思える。詳しい意味は知らなくてもある種の違和感があるのかもしれない。「冥福」とは「冥」とはどのような意味なのか。 ■冥福とは?冥の意味は...

「「お悔やみ申し上げます」や「ご愁傷様」と「ご冥福をお祈りします」の違い」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧