『名探偵コナン』スタッフ失策!登場数秒で「犯人」がバレた理由は

まいじつ

(C)FOTOKITA / Shutterstock
(C)FOTOKITA / Shutterstock

11月17日、アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)の第921話『殺意のあいのり』が放送。いつものようにコナンが事件を解決していったが、視聴者はある理由で犯人がすぐ分かってしまった。 レンタカーで山へ繰り出したがガス欠を起こしてしまい、通りかかったワゴン車に牽引してもらうことになったコナン、小五郎、蘭の3人。ワゴンには大学生の佐伯遼平、井上春香、駒田孝弘と、車内で熟睡中の後藤正司教授が乗っており、4人は...

「『名探偵コナン』スタッフ失策!登場数秒で「犯人」がバレた理由は」のページです。デイリーニュースオンラインは、名探偵コナン銀魂カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧