税務調査の通知を納税者と税理士のどちらに先にすべきか法律と趣旨から考える

相談LINE

税務調査の通知を納税者と税理士のどちらに先にすべきか法律と趣旨から考える

税務署が納税者に対し、税務調査の実施の連絡(事前通知)をする際、現状は納税者ではなく原則として税理士に連絡をすることになっています。原則として、と申しましたが、その理由は税理士に通知をして欲しい旨を予め届け出る必要があるからです。この届出がなければ、税理士ではなく会社に税務署から連絡が行きます。 なお、この届出の方法ですが、税務代理権限証書という用紙の中の、「調査の通知に関する同意」という項目の...

「税務調査の通知を納税者と税理士のどちらに先にすべきか法律と趣旨から考える」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧