〈目からウロコの健康術〉 破裂したら助かる確率は25%! 突然死を招く「大動脈瘤」の怖さ

週刊実話

5年前に俳優・阿藤快さんが、「大動脈瘤破裂」で亡くなっている。享年69歳だった。また今年2月21日、同じく俳優の大杉漣さんも急性心不全、「腹部大動脈瘤破裂」で亡くなっている(享年66歳)。 阿藤さんは「背中が痛い」と訴えて病院に搬送されたが、大動脈に出来た瘤の破裂によって胸腔内に血液が流れ込み、そのまま帰らぬ人となった。倒れる直前までドラマに出演するなど元気な姿をみせていたというから、まさに突然死だった...

「〈目からウロコの健康術〉 破裂したら助かる確率は25%! 突然死を招く「大動脈瘤」の怖さ」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧