元極妻が考える「指名手配」——捕まらなかった逃亡犯の哀しい末路

サイゾーウーマン

沖縄県警察ウェブサイトより
沖縄県警察ウェブサイトより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 ■28年の逃亡の末に死亡と判断  少し前の11月23日、28年前の事件について「容疑者死亡」のまま書類送検される見込みだと報道されました。1990年11月に沖縄市内で警察官2名が射殺され、居合わせた主婦も流れ弾で重傷を負った事件です。実行犯2人は三代目旭琉会の組員で、うち1人は殺人容疑で逮捕されて現在も服役しています。...

「元極妻が考える「指名手配」——捕まらなかった逃亡犯の哀しい末路」のページです。デイリーニュースオンラインは、元極妻・芳子姐さんのつぶやきヤクザカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧