60年で2000の飛行機が消えた魔の空域「ネバダ・トライアングル」とは!? どんなベテランパイロットでも操縦不能に陥るミステリー

トカナ

イメージ画像は、「gettyimages」より
イメージ画像は、「gettyimages」より

船舶と航空機が数多く消失している魔の海域“バミューダ・トライアングル”は有名だが、空にも魔の空域がある。それが米ネバダ州の“ネバダ・トライアングル”だ。 ■ベテランパイロットが行方不明に  あの“エリア51”を擁するがために何かと疑惑の多い米・ネバダ州だが、この地には過去60年間で2000機もの航空機が墜落している魔の空域“ネバダ・トライアングル”も存在している。 【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018...

「60年で2000の飛行機が消えた魔の空域「ネバダ・トライアングル」とは!? どんなベテランパイロットでも操縦不能に陥るミステリー」のページです。デイリーニュースオンラインは、航空機事故ネバダ・トライアングルエリア51仲田しんじ消失海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧