判断を誤ると大きな不利益になるエアコンの資産区分「器具備品と建物附属設備」

相談LINE

判断を誤ると大きな不利益になるエアコンの資産区分「器具備品と建物附属設備」

エアコンは酷暑が連年続く昨今、ビジネス上必要不可欠な資産と言えますが、このような耐久消費財は法人税法上減価償却資産として取り扱われます。減価償却資産は、取得価額の全額を一時に経費とせず、その耐用年数に応じて少しずつ経費としますが、エアコンはその耐用年数が6年とされていますので、原則として6年にわたり経費とします。 ■エアコンの資産区分は通常「器具備品」 ところで、減価償却資産については耐用年数だけ...

「判断を誤ると大きな不利益になるエアコンの資産区分「器具備品と建物附属設備」」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧