極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しにしない源頼信が示した「兵ノ威」とは(下)

Japaaan

極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しにしない源頼信が示した「兵ノ威」とは(下)

前回のあらすじ 時は平安、上野国(現:群馬県)に赴任していた藤原兵衛尉親孝(ふじわらの ひょうえのじょう ちかたか)。 ある日、家に忍び込んだ盗人を捕らえたものの、逃げられた挙句に息子を人質にとられ、手が出せなくなってしまいます。 困り果てた親孝は、上司である源上野介頼信(みなもとの こうづけのすけ よりのぶ)に助けを求めたのでした。 前回はこちら 極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しに...

「極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しにしない源頼信が示した「兵ノ威」とは(下)」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤原親孝源頼信今昔物語集武士道平安時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧