ボーナス過去最高で「いざなぎ景気」でも虚しい、報道と実感の大きな乖離

wezzy

Thinkstock/Photo structuresxx
Thinkstock/Photo structuresxx

経団連(一般社団法人 日本経済団体連合会)が11月16日に発表した、大手企業における2018年年末のボーナス(第1回集計)の平均妥結額は、前年比3.49%増(=3万306円増)の95万6744円だった。夏のボーナス調査同様、過去最高を更新したという。 また、日本経済新聞社がまとめた「2018年冬のボーナス調査(11月30日時点)」でも、平均支給額は83万4391円。前年比3.28%増、6年連続プラスで<過去最高だったリーマン・ショック前の...

「ボーナス過去最高で「いざなぎ景気」でも虚しい、報道と実感の大きな乖離」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会お金マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧