エルヴィス・プレスリーはやはり生きていた! 専門家が“本人認定”した「死後4年目の肉声テープ」とは!?

トカナ

※画像は、「Wikipedia」より
※画像は、「Wikipedia」より

20世紀のアメリカが生んだ偉大なるロックンロールの帝王エルヴィス・プレスリー。毎年1月8日には邸宅のある聖地「グレイスランド」で盛大な誕生記念パーティが行われる。今なお多くのファンを惹き付けるプレスリーであるが、1977年に42歳という若さで亡くなって以来、その死は偽装されたもので本当は生きているという噂が未だに根強い。そんな中、プレスリー生存説の証拠とされるテープの存在が、今改めて注目されているという...

「エルヴィス・プレスリーはやはり生きていた! 専門家が“本人認定”した「死後4年目の肉声テープ」とは!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、生存エルヴィス・プレスリー米国テープ海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧