【速報】中国の遺伝子編集ベビー科学者が「死刑」の可能性浮上! 秘密研究と55億円、謎の失踪、贈収賄、知識ゼロ…新事実続々

トカナ

イメージ画像:「Getty Images」より
イメージ画像:「Getty Images」より

昨年末、遺伝子を改変した赤ちゃんを誕生させたとして世界中の話題をさらった中国人科学者・賀建奎氏。香港で行われた国際会議の後行方不明となっていたのだが、今月7日、賀氏が死刑となる可能性があると英「The Telegraph」ほか多数メディアが一斉に報じている。 【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2019/01/post_19339_entry.html】  昨年11月の発表によると、賀氏はCRISPR-Cas9というゲノム編集技術を用いてHIV感...

「【速報】中国の遺伝子編集ベビー科学者が「死刑」の可能性浮上! 秘密研究と55億円、謎の失踪、贈収賄、知識ゼロ…新事実続々」のページです。デイリーニュースオンラインは、遺伝子編集ベビー賀建奎CRISPRゲノム編集中国海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧