アメリカの言いなり「ファーウェイ排除」は日本にとって“危険な賭け”

週刊実話

アメリカの言いなり「ファーウェイ排除」は日本にとって“危険な賭け”

日本政府は名指しこそ避けたものの、「サイバーセキュリティーを確保するため、情報システムに悪意のある機能が組み込まれた機器を調達しない」と明言し、事実上中央官庁システムなどの政府調達からファーウェイと中国・ZTEを排除する方針を固めている。 ファーウェイの実態は、世界トップクラスのICT企業だ。通信事業者向けネットワーク事業、法人向けICTソリューション事業、スマホなどコンシューマー向け端末事業の三本柱で...

「アメリカの言いなり「ファーウェイ排除」は日本にとって“危険な賭け”」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧