日本電産、昨年に社長退任の永守氏の復帰説くすぶる…次々と去った後継者候補たち

ビジネスジャーナル

日本電産本社(「Wikipedia」より)
日本電産本社(「Wikipedia」より)

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の特別背任容疑を受け、経営者の“賞味期限”があらためて問われている。華々しい実績を上げた花形経営者が、退き際を間違えて晩節を汚すどころか若き日の高名をまったく無にしてしまうことが往々にある。本田技研工業(ホンダ)の創業者、本田宗一郎氏の鮮やかな引退が“神話”として語り継がれているのは、それほど出処進退の決断が難しいということだ。  オーナー経営者といえども、経営を...

「日本電産、昨年に社長退任の永守氏の復帰説くすぶる…次々と去った後継者候補たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、本田宗一郎永守重信カルロス・ゴーン日本電産社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧