広瀬すず・松岡茉優の2女優が2019年の「映画界を牽引する」理由とは?

アサ芸プラス

広瀬すず・松岡茉優の2女優が2019年の「映画界を牽引する」理由とは?

2018年の映画界は例年以上の盛り上がりを見せ、バラエティー豊かな良作がひしめき合う1年だったと言える。「劇場版 コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~」が興行収入92億円を突破する記録的なメガヒットを飾り、2018年のNo.1ヒット作となると、ミニシアター系作品として封切られた「カメラを止めるな!」の“カメ止め旋風”や、是枝裕和監督による社会派ドラマ「万引き家族」もカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを獲得す...

「広瀬すず・松岡茉優の2女優が2019年の「映画界を牽引する」理由とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、なつぞらSUNNYコード・ブルー広瀬すずちはやふるエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧