築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!

アサ芸プラス

築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!

隣国というだけで、韓国と友好関係を築くのはそろそろあきらめたほうがよさそうだ。「レーダー照射問題」では“加害者”にも関わらず逆ギレとウソのオンパレード。解決済みの「徴用工」や「慰安婦問題」まで蒸し返し、聞く耳なんてゼロ。一方、それを横目に中国の成金たちが、築地跡地を狙って動き出し、札束野心で乗っ取ろうとしているのだ──。 1月15日発売の週刊アサヒ芸能1月24日号では、この「隣人」たちの「野望」について...

「築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!」のページです。デイリーニュースオンラインは、徴用工訴訟問題小池百合子築地市場慰安婦問題外交社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧