稀勢の里、引退直前に「弟弟子が横綱の気持ちを盛り上げようとしていた」証言!

アサ芸プラス

稀勢の里、引退直前に「弟弟子が横綱の気持ちを盛り上げようとしていた」証言!

「土俵人生に一片の悔いもございません」の言葉を残して引退した稀勢の里。19年ぶりの日本出身横綱として“モンゴル互助会”の撲滅を期待されていたにもかかわらず、在位2年で土俵を去ったのだ。 1月22日発売のアサヒ芸能では、稀勢の里の、彼を引退に追いやった親方との確執や、ガチ相撲で満身創痍となった肉体の状況をつぶさに報じている。 昨年11月、横綱審議委員会(横審)から「激励」を言い渡され、もう休場のできない土...

「稀勢の里、引退直前に「弟弟子が横綱の気持ちを盛り上げようとしていた」証言!」のページです。デイリーニュースオンラインは、モンゴル互助会貴景勝高安稀勢の里相撲エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧