中韓「当たり屋国家」とはこうして絶縁できる(3)五輪後に日本買い占めが本格化

アサ芸プラス

中韓「当たり屋国家」とはこうして絶縁できる(3)五輪後に日本買い占めが本格化

もうひとつの隣国、中国も日本に対する挑発行為を──。 中国人の爆買い合戦が落ち着きを見せたのもつかの間、北海道のリゾート地や京都の町屋などで土地の買いあさりが進み、日本の土地が「赤い札束」の前に、ジワジワと“侵攻”されている。そのやさき、次に目をつけられているのが、移転問題で注目を浴びた「築地市場跡地」だとの情報が飛び込んできた。 昨年12月20日、朝日新聞のインタビューを受けた小池百合子都知事(66)...

「中韓「当たり屋国家」とはこうして絶縁できる(3)五輪後に日本買い占めが本格化」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 1/24号小池百合子築地市場中国人観光客中華街社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧