宅見勝射殺事件、五代目山口組・渡邉芳則組長の指示だった!21年目の真相告白

ビジネスジャーナル

作家の宮崎学氏(撮影=佐々木和隆)
作家の宮崎学氏(撮影=佐々木和隆)

1997年8月に発生した五代目山口組の宅見勝若頭の射殺事件から20年あまり。平成最後の年を目前にした昨年12月、事件のキーマンとされていた元五代目山口組若頭補佐の中野太郎氏が著書『悲憤』(講談社/中野太郎著、宮崎学監修)で事件の真相を明かしたことが注目されている。  いまだ謎が多い事件の知られざる裏側とは何か。療養中の中野氏に代わって、本書の監修を務めた作家の宮崎学氏に話を聞いた。 ●なぜ今、最大のタブ...

「宅見勝射殺事件、五代目山口組・渡邉芳則組長の指示だった!21年目の真相告白」のページです。デイリーニュースオンラインは、宅見勝山口組事件ヤクザ暴力団社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧