稀勢の里を追い込んだ親方「確執地獄」と「ガチ相撲」怨念(1)稽古非公開の裏に“冷戦”

アサ芸プラス

稀勢の里を追い込んだ親方「確執地獄」と「ガチ相撲」怨念(1)稽古非公開の裏に“冷戦”

土俵人生に一片の悔いもございません──。19年ぶりの日本出身横綱として人気を誇った稀勢の里がわずか2年で去った。ガチ相撲で名を馳せたもののケガに泣かされ、親方との確執地獄も修復しなかった。孤軍奮闘の土俵人生に迫る。 好角家で漫画家のやくみつる氏が語る。「会見で、『土俵人生において悔いはありません』と話しましたが、その前に『皆様の期待に沿えられないということは非常に悔いが残りますが』とも話していた。本...

「稀勢の里を追い込んだ親方「確執地獄」と「ガチ相撲」怨念(1)稽古非公開の裏に“冷戦”」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 1/31号高安田子ノ浦親方稀勢の里相撲エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧