稀勢の里を追い込んだ親方「確執地獄」と「ガチ相撲」怨念(4)金を巡る新たな火種

アサ芸プラス

稀勢の里を追い込んだ親方「確執地獄」と「ガチ相撲」怨念(4)金を巡る新たな火種

相撲協会にとって、唯一の日本人横綱の引退というインパクトは人気面のみならず、力士のケガのケアの問題にも波及しそうだ。スポーツ紙相撲担当デスクが明かす。「かつて公傷制度があったが、巧みに休む力士が増えて興行面に支障をきたし廃止された経緯もあるし、平均体重が160キロを超えている今、稀勢の里のように深刻なダメージを残す可能性が高まるだけに、難しい問題です。ただガチンコ力士の悲劇で終わらせるわけにいかな...

「稀勢の里を追い込んだ親方「確執地獄」と「ガチ相撲」怨念(4)金を巡る新たな火種」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 1/31号高安田子ノ浦親方稀勢の里相撲スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧