浅草(あさくさ)と浅草寺(せんそうじ)、同じ漢字なのに訓読みと音読みなのはなぜ?

Japaaan

浅草(あさくさ)と浅草寺(せんそうじ)、同じ漢字なのに訓読みと音読みなのはなぜ?

同じ漢字、なのに音読みと訓読み!? 先日筆者も参拝してきた、浅草の浅草寺。 浅草寺の御朱印 浅草寺は、推古天皇36(628)年に創建されたという大変歴史あるお寺で、関東の観光名所としても大人気です。そんな浅草寺の名前について「あれっ?」と思ったことはありませんか? そう、地名は「浅草(あさくさ)」なのに、お寺の名前は「浅草(せんそう)寺」。読み方が「訓読み」と「音読み」になっているのです。 「仏教」と「神道...

「浅草(あさくさ)と浅草寺(せんそうじ)、同じ漢字なのに訓読みと音読みなのはなぜ?」のページです。デイリーニュースオンラインは、浅草寺日本語・日本文学お寺神社雑学カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧