北朝鮮は世界で唯一「医者が尊敬されない」国

週刊実話

北朝鮮は世界で唯一「医者が尊敬されない」国

北朝鮮要人の治療には、90年代からフランスの医師が関わっていたことはよく知られている。始まりは90年代初頭、故・金正日総書記の妻であった高英姫(コ・ヨンヒ)氏のがん治療だった。高夫人は2004年に極秘でパリのキュリー研究所に運び込まれ死亡したとされる。 「91年には、故・金日成主席の心臓疾患の治療依頼を受けた、仏中部リヨンの医師たちによって執刀が行われています。医療チームは平壌に入り、ペースメーカーを埋め...

「北朝鮮は世界で唯一「医者が尊敬されない」国」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧