吉田輝星のおかげ?高野連が「1試合100球限定」を正式協議へ

リアルライブ

吉田輝星のおかげ?高野連が「1試合100球限定」を正式協議へ

「2月20日」が、高校野球の分岐点になりそうだ。 昨年末、新潟県高校野球連盟は投手が1試合に投げられる投球数を制限すると決めた。1試合当たりの球数を100球までにするという。2019年春季大会に限定したルール化であり、大会終了後に「球数制限が故障防止に効果があったどうか」などを検証することになっている。この新潟県の決断に全国を統括する日本高等学校野球連盟(以下=高野連)は否定的な見解を見せているそうだ。 「2...

「吉田輝星のおかげ?高野連が「1試合100球限定」を正式協議へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧