米政府と20年間UFOを調査した科学者、懐疑派から転向! 「2割は説明不可能、宇宙人は…」ハイネック博士の結論とは!?

トカナ

画像は、「getty images」より引用。
画像は、「getty images」より引用。

今年1月8日から、米ケービルテレビ「ヒストリー」で、米空軍のUFO調査記録を題材にしたTVシリーズ「Project Blue Book」が放送され、話題になっている。 題材となっている「プロジェクト・ブルーブック」は、1952年から1969年まで続けられたUFO調査記録のことだ。UFO現象を少しでもマジメに勉強した人なら、同プロジェクトで中心的な役割を担ったJ・アレン・ハイネック博士の名は聞いたことがあるだろう。だが、ハイネック博士...

「米政府と20年間UFOを調査した科学者、懐疑派から転向! 「2割は説明不可能、宇宙人は…」ハイネック博士の結論とは!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、J・アレン・ハイネックロバート・ゼメキスプロジェクト・ブルーブックエイリアン宇宙人カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧