長期間にわたる大規模工事における法人税や消費税の取扱を税理士が解説

相談LINE

長期間にわたる大規模工事における法人税や消費税の取扱を税理士が解説

税務上、長期大規模工事という工事については、工事進行基準によって収益を計上する必要があるとされています。長期大規模工事とは、以下の要件を満たす工事を言います。 (1)着手から完成引渡し日までの期間が1年以上であること。 (2)請負金額が10億円以上であること。 (3)工事契約で、請負の対価の額の二分の一以上が当該工事の目的物の引渡しの期日から一年を経過する日後に支払われることが定められていないもの...

「長期間にわたる大規模工事における法人税や消費税の取扱を税理士が解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧