パチンコホール大手5社トップが決意の宣言、共同でユーザーのパチンコ依存対策に本腰

ビジネスジャーナル

左から、合田観光商事の合田康広常務取締役、ダイナムの藤本達司代表取締役、ニラクの谷口久徳代表取締役、マルハンの韓裕代表取締役、夢コーポレーションの加藤英則代表取締役
左から、合田観光商事の合田康広常務取締役、ダイナムの藤本達司代表取締役、ニラクの谷口久徳代表取締役、マルハンの韓裕代表取締役、夢コーポレーションの加藤英則代表取締役

市場規模の縮小が伝えられるパチンコ・パチスロ業界が、依存(のめり込み)問題への対応や不正撲滅などの取り組みを本格化させている。  1月30日には、合田観光商事、ダイナム、ニラク、マルハン、夢コーポレーションのパチンコホール大手5社が「真に依存対策となる“予防”のためのアプローチに注力し、安心して楽しめるパチンコを提供する」との共同声明を発表した。この5社で全国に815店舗を構える。  パチンコ依存対策の...

「パチンコホール大手5社トップが決意の宣言、共同でユーザーのパチンコ依存対策に本腰」のページです。デイリーニュースオンラインは、パチンコホールパチスロパチンコカジノ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧