9人が怪死『ディアトロフ峠事件』を60年後に再調査する理由?

まいじつ

(C)MiniStocker / Shutterstock
(C)MiniStocker / Shutterstock

ロシア検察は去る2月1日、1959年にウラル山脈で9人の登山グループが謎の死を遂げた『ディアトロフ峠事件』を再調査していると明らかにした。 9人のハイカーが雪の山中で奇妙な死に方をしていたこの事件は、当初ただの遭難とみられていたが、その後の調査で次々と不審な点が発覚。「宇宙人の襲撃にあった」「核兵器実験による被爆」「雪男に襲われた」など、謎めいた説がいくつも流布した。あまりにも不可解過ぎて、“ロシア史上...

「9人が怪死『ディアトロフ峠事件』を60年後に再調査する理由?」のページです。デイリーニュースオンラインは、オカルトロシア未解決事件エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧