女帝・称徳天皇が和気清麻呂に下した「穢麻呂(きたなまろ)」という汚そうな名前への強制改名の刑罰

Japaaan

女帝・称徳天皇が和気清麻呂に下した「穢麻呂(きたなまろ)」という汚そうな名前への強制改名の刑罰

火あぶりや鋸引きも恐ろしいけれど…奈良時代にはもっと恐ろしい刑罰が!? 罪人に下される刑罰には、昔から様々なものがありました。よく知られているものには武士の切腹を含む死罪の他、流罪(島流し)、蟄居などがありました。 かつては流刑地だった佐渡島の海 江戸時代には火あぶりや鋸引き(のこぎりびき)などもあったというから、恐ろしいですね! 本当にあった怖い江戸時代!火あぶり、ノコギリ刑…江戸時代の刑罰が残酷す...

「女帝・称徳天皇が和気清麻呂に下した「穢麻呂(きたなまろ)」という汚そうな名前への強制改名の刑罰」のページです。デイリーニュースオンラインは、称徳天皇和気清麻呂刑罰奈良時代平安時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧