秋津壽男“どっち?”の健康学「体温35.5度と37度で健康リスクが高いのは?体調のひとつの目安として把握するのがよし」

アサ芸プラス

秋津壽男“どっち?”の健康学「体温35.5度と37度で健康リスクが高いのは?体調のひとつの目安として把握するのがよし」

バイタルサインという言葉をご存じでしょうか。訳すと「生命兆候」という医学用語で、身体活動のうち脈拍・呼吸・血圧・意識レベル・体温の5つの異常兆候を発見する医療行為を意味します。 それぞれの項目には基準値(正常値)が存在します。脈拍は1分間に60~100回、呼吸は1分間に16~20回、低すぎも危険ですが血圧は上が120以下・下が80以下(単位はmmHg)といった数値内に収まることが肝心です。また意識レベルは「声をかけ...

「秋津壽男“どっち?”の健康学「体温35.5度と37度で健康リスクが高いのは?体調のひとつの目安として把握するのがよし」」のページです。デイリーニュースオンラインは、“どっち?”の健康学秋津壽男基礎代謝免疫力体温カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧