「北朝鮮と仲良くしよう」韓国の“前のめり”が世界中から四面楚歌

週刊実話

「北朝鮮と仲良くしよう」韓国の“前のめり”が世界中から四面楚歌

米紙ニューヨークタイムズは3月10日、米情報当局の分析として、北朝鮮は昨年6月に初の米朝首脳会談が開かれてから先の2月の2回目の米朝首脳会談までの8カ月間に、プルトニウムと濃縮ウランの生産を継続し、その分量は核弾頭6発分に達すると伝えた。 これを受けて、朝鮮日報は11日付で「『北朝鮮の非核化の意志』を保証してきた韓国政府が難しい立場に追い込まれている。米国の一部では『韓国の責任論』が囁かれ、対北朝鮮制裁...

「「北朝鮮と仲良くしよう」韓国の“前のめり”が世界中から四面楚歌」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧