赤ちゃん遺棄事件から38年後。DNAデータベースと家系図作成サイトを組み合わせ、ついに犯人が判明(アメリカ)

カラパイア

赤ちゃん遺棄事件から38年後。DNAデータベースと家系図作成サイトを組み合わせ、ついに犯人が判明(アメリカ)
赤ちゃん遺棄事件から38年後。DNAデータベースと家系図作成サイトを組み合わせ、ついに犯人が判明(アメリカ)

photo by pixabay 1981年2月の冬の日、サウスダコタ州スーフォールズにある排水溝の中に、生まれたばかりの赤ん坊が遺棄されているのが発見された。 この男の赤ん坊は、血のしみのついた毛布にくるまれていたが、凍えるような寒さにさらされたせいですでに死んでいた。 行方不明の届け出もなく、捜査は行き詰って、この事件はお蔵入りになった。 それから37年後、新たなDNAデータベースと家系図作成サイトのおかげで、この...

「赤ちゃん遺棄事件から38年後。DNAデータベースと家系図作成サイトを組み合わせ、ついに犯人が判明(アメリカ)」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧