韓国が抱く最大のコンプレックスは朝鮮戦争当事者なのに“除け者”にされたこと

週刊実話

韓国が抱く最大のコンプレックスは朝鮮戦争当事者なのに“除け者”にされたこと

腎盂(じんう)腎炎と診断された河野太郎外相が3月25日に公務に復帰した。韓国・文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の「現天皇は戦犯の子」発言もあり、心労が重なったのだろうか。文議長の発言については、2月15日、康京和(カン・ギョンファ)外相が、河野外相と会談した際、「抗議した」という日本側の発表を「事実でない。日本側の言及はなかった」と否定した。なぜこのように発言が真逆になってしまうのか。 「1993年8月、宮沢改造...

「韓国が抱く最大のコンプレックスは朝鮮戦争当事者なのに“除け者”にされたこと」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧