カタログギフトを創業記念品として従業員に支給する場合の課税関係を解説

相談LINE

カタログギフトを創業記念品として従業員に支給する場合の課税関係を解説

会社の創業記念で、従業員に記念品を授与することがありますが、このような記念品も経済的価値がある以上は、現物給与として給与課税の対象になります。ただし、創業記念品はいろいろな会社で贈られているものですので、一律にお給料として税金を取られるのも、社会常識としてはおかしな話になります。 ■創業記念品が現物給与として課税されないための3要件 このような点を踏まえ、以下の要件を満たす創業記念品については、現...

「カタログギフトを創業記念品として従業員に支給する場合の課税関係を解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧