フィリピン・ルソン島で未知の小さな人類(ヒト族)が発見される「ホモ・ルゾネンシス」

カラパイア

フィリピン・ルソン島で未知の小さな人類(ヒト族)が発見される「ホモ・ルゾネンシス」
フィリピン・ルソン島で未知の小さな人類(ヒト族)が発見される「ホモ・ルゾネンシス」

image credit:Callao Cave Archaeology Project  我々人類の過去にまつわる秘密がまた一つ掘り起こされた。 フィリピン、ルソン島のカヤオ洞窟で発掘された骨は、これまで知られていなかった未知のヒト族種のものであることがわかった。拡大を続けるヒトという系統樹に新しい仲間が加わったのだ。 この小さなアジアのヒト族は、「ホモ・ルゾネンシス(Homo luzonensis)」と名付けられた。・ホモ・サピエンスより古いホモ・...

「フィリピン・ルソン島で未知の小さな人類(ヒト族)が発見される「ホモ・ルゾネンシス」」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧