巨人が羨ましい? 矢野監督が大山の4番にこだわるワケは…

リアルライブ

巨人が羨ましい? 矢野監督が大山の4番にこだわるワケは…

4番が打つと、チームも活気づく。 4月14日、本拠地・甲子園球場で迎えた中日ドラゴンズとの一戦で、阪神の4番・大山悠輔(24)が4打数2安打と活躍した。初回にヒット、7回裏の攻撃でも二塁打を放った。まだ打率は2割2分4厘と低迷しているが、一時は1割台にまで落ち込んでいた。14日の活躍が浮上のきっかけになれば、チームも順位を上げていけるだろう。「同日は4回裏に5点を挙げ、それが勝利に結びつきました。その4回裏、大山は...

「巨人が羨ましい? 矢野監督が大山の4番にこだわるワケは…」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧