令和元年!200年ぶり『上皇』誕生の裏で囁かれる「政治的陰謀」とは?

まいじつ

(C)Kzenon / Shutterstock
(C)Kzenon / Shutterstock

5月1日、現天皇『明仁』様が生前退位し、新天皇は現皇太子である『徳仁』様が継承され、退位された明仁様が約200年ぶりに『上皇』という天皇よりも強い権力を有する特殊な地位に就かれる。 「上皇が独断で政治を行うことを〝院政〟と言いますが、歴史上、天皇よりも権力が強い上皇の地位を利用し、とんでもない圧政を敷き、民衆を苦しめた人物はたくさんいました。しかし、現在において最も懸念されるのは、上皇という独裁的な...

「令和元年!200年ぶり『上皇』誕生の裏で囁かれる「政治的陰謀」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、令和上皇天皇平成オカルト社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧