月9ドラマ“爆死”伝(2)福山雅治「ラヴソング」が抱えた“三重苦”とは

アサジョ

月9ドラマ“爆死”伝(2)福山雅治「ラヴソング」が抱えた“三重苦”とは

民放ドラマの“王者”と、かつては呼ばれていたフジテレビ月曜9時枠、通称「月9」。それだけに、世に送り出した“傑作”は数知れず。その一方、大コケ作品も少なくない。ここではあえてそんな月9枠が生んだ“爆死の駄作”たちを振り返っていく。・「ラヴソング」(2016年) 月9と福山雅治といえば、東野圭吾原作の「ガリレオ」。2007年と2013年の2度に渡って月9枠で放送されて高視聴率を記録した。その勢いをかっての福山雅治主演で...

「月9ドラマ“爆死”伝(2)福山雅治「ラヴソング」が抱えた“三重苦”とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、ラヴソング坂元裕二吹石一恵月9福山雅治エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧