川田将雅を下剋上覚醒させた「8つの導火線」(2)レース後の「ひと悶着」で痛感

アサ芸プラス

川田将雅を下剋上覚醒させた「8つの導火線」(2)レース後の「ひと悶着」で痛感

川田は2強の一角だったルメールも駆逐しているが、その関係もまた、微妙そのもの。 先の皐月賞(4月14日)では最後の直線で、ルメール騎乗のサートゥルナーリアが内に斜行し、川田のヴェロックスに接触。サートゥルナーリアは1着入線したが、審議の対象となった。「結局、到達順位どおり、ルメールが優勝し、川田は2着。この降着騒ぎに川田はヴェロックスをたたえつつ、今後の逆転への意欲を表すコメントを残しただけだった。...

「川田将雅を下剋上覚醒させた「8つの導火線」(2)レース後の「ひと悶着」で痛感」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 5/16号C・ルメール川田将雅騎手競馬エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧