東京都府中市矢崎の住宅地の片隅にある「三千人塚」を調べてみた

心に残る家族葬

東京都府中市矢崎の住宅地の片隅にある「三千人塚」を調べてみた

東京競馬場にほど近い、府中市矢崎の住宅地の片隅に、「三千人塚」と呼ばれる塚がある。この「三千人塚」は、康元3(1333)年の分倍河原(ぶばいがわら)合戦における3000人の戦死者を埋葬したものだと、長く伝えられてきた。しかし昭和30(1955)年の発掘調査で、塚の下から12世紀後半の製品と思しき、常滑(とこなめ)焼でできた4つの蔵骨器が出土した。しかもそれらは、一定の間隔で配置されていたため、大量の戦死者を合祀...

「東京都府中市矢崎の住宅地の片隅にある「三千人塚」を調べてみた」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧