東京五輪マラソン、猛暑対策で「80年代の瀬古走法」が再注目されている!

アサ芸プラス

東京五輪マラソン、猛暑対策で「80年代の瀬古走法」が再注目されている!

80年代のマラソンヒーローがクローズアップされている。「死者が出るかもしれない」──。海外メディアが東京五輪における最大の懸念材料としているのが、「暑さ対策」。特にマラソン競技に関しては深刻で、英タイムズ紙は「死者が出る可能性」まで報じていた。 東京五輪組織委員会も、対策は何度も講じてきた。マラソンのスタート時間が午前7時に決まったが、それまで二転三転した。午前6時スタート案、同5時案、競技会場の東北...

「東京五輪マラソン、猛暑対策で「80年代の瀬古走法」が再注目されている!」のページです。デイリーニュースオンラインは、瀬古利彦陸上猛暑東京五輪マラソンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧