医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<検便>「最も死亡率が下がるガン発見の近道」

アサ芸プラス

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<検便>「最も死亡率が下がるガン発見の近道」

昭和生まれの方なら、小学校時代に「ギョウ虫検査」をした人は多いのではないか。寄生虫の卵の有無を調べる検査だったが、現在は廃止されている。しかし排泄された大便を検査する「検便検査」は、調理従事者などは感染防止などの観点から、法律で定期的に義務づけられている。 一方、会社の健康診断などでも行われる「便潜血検査」で調べるのは、大腸・直腸のポリープやガンなどの消化器疾患があるかどうか。大腸ガンやポリー...

「医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<検便>「最も死亡率が下がるガン発見の近道」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 5/30号田幸和歌子診察室のツボガン大腸ガン社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧