戦慄の「アイドル襲撃」実録60年<グループの激震篇>記憶に新しい「AKB48握手会傷害事件」

アサ芸プラス

戦慄の「アイドル襲撃」実録60年<グループの激震篇>記憶に新しい「AKB48握手会傷害事件」

今やアイドルのほとんどはグループでの活動となっている。なにかと物議を醸すことも多いが、それは80年代から始まっていた。「のぞみの分まで頑張る」 倉沢淳美(52)が発したひと言が大事故につながった。倉沢は“のぞみ”こと高部知子(51)らと企画ユニット「わらべ」を組んでいたが、高部が有名な「ニャンニャン事件」を起こしたことで脱退。 エールの意味で倉沢はこの発言をしたのだが、84年4月8日に行われた札幌でのサイ...

「戦慄の「アイドル襲撃」実録60年<グループの激震篇>記憶に新しい「AKB48握手会傷害事件」」のページです。デイリーニュースオンラインは、テヨン山口真帆倉沢淳美川栄李奈入山杏奈エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧