明治時代に持ち込まれた概念「Right」は権利?権理?福沢諭吉の「理」へのこだわり

Japaaan

明治時代に持ち込まれた概念「Right」は権利?権理?福沢諭吉の「理」へのこだわり

明治時代、欧米から多くの新しい概念が日本に持ち込まれましたが、その中に「Right」という言葉がありました。 Rightは「権利」と和訳され、現代でも広く知られている概念ですが、これに異を唱えたのが福沢諭吉。彼はRightが権利ではなく、権理と訳すべきと主張しました。 いったい権利と権理、この二つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 権力・権限は「理」のためにこそ 「……地頭と百姓とは、有様を異にすれども...

「明治時代に持ち込まれた概念「Right」は権利?権理?福沢諭吉の「理」へのこだわり」のページです。デイリーニュースオンラインは、福沢諭吉思想明治時代政治雑学カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧