歴代総理の胆力「松方正義」(1)近代日本最大の財政家

アサ芸プラス

歴代総理の胆力「松方正義」(1)近代日本最大の財政家

明治新政府には、大久保利通、井上馨、伊藤博文、陸奥宗光など政治的リーダーシップを発揮した人材は多々いたが、国の台所を賄うことには常に四苦八苦で、経済・財政理論に基づく財政家は乏しかった。背景には国家予算の「入」と「出」のバランスを取ることで、国家の安定を保つという発想がなかったことがある。 松方正義がその財政の指揮を執るまでは、やたらと紙幣を刷って借り入れを続ける一方、多くの藩札の出回りもあっ...

「歴代総理の胆力「松方正義」(1)近代日本最大の財政家」のページです。デイリーニュースオンラインは、松方正義週刊アサヒ芸能 2019年 6/13号内閣総理大臣大久保利通小林吉弥社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧