医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<肝機能検査>「心筋梗塞がわかる肝臓以外にもある酵素」

アサ芸プラス

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<肝機能検査>「心筋梗塞がわかる肝臓以外にもある酵素」

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓。病気になっても自覚症状がないため、気がついた時には手遅れになっている可能性もある。そこで病院での定期的な検査が重要になってくる。 肝機能検査では「AST(GOT)」「ALT(GPT)」「γ-GTP」という数値から、肝細胞の障害の程度を調べる。「AST(GOT)」と「ALT(GPT)」は肝細胞で、「γ-GTP」は胆管で作られる酵素の名称。いずれも「トランスアミナーゼ」と呼ばれている。肝臓でアミノ酸の...

「医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<肝機能検査>「心筋梗塞がわかる肝臓以外にもある酵素」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 6/20号田幸和歌子診察室のツボガンマGTP肝臓社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧