「ラジエーションハウス特別編」、高視聴率も“ブーイング”が続々だったワケ!

アサ芸プラス

「ラジエーションハウス特別編」、高視聴率も“ブーイング”が続々だったワケ!

6月17日に最終回を迎え13.8%の高視聴率で幕を閉じた窪田正孝主演ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)。 翌週の6月24日には、同ドラマのSP版「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」が放送され平均視聴率は15.6%を記録した。 この予告編としては、アメリカに飛び立った医師免許を持つ天才診療放射線技師の主人公・五十嵐唯織(窪田)が、飛行機の中で機長が倒れるというアクシデン...

「「ラジエーションハウス特別編」、高視聴率も“ブーイング”が続々だったワケ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、ラジエーションハウス窪田正孝フジテレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧