大河『麒麟がくる』異例解禁「佐々木蔵之介インパクト」真の理由

日刊大衆

大河『麒麟がくる』異例解禁「佐々木蔵之介インパクト」真の理由

俳優の長谷川博己(42)が戦国武将の明智光秀役を演じる2020年度のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の追加キャストが、6月17日に発表された。  3月8日には、光秀の妻で正室の煕子(ひろこ)に木村文乃(31)、織田信長を染谷将太(26)、光秀が美濃で出会う三河出身の農民の菊丸をナインティナインの岡村隆史(48)が演じることなどが発表されていた。  今回、語りを市川海老蔵(41)が務めることが明ら...

「大河『麒麟がくる』異例解禁「佐々木蔵之介インパクト」真の理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、檀れい佐々木蔵之介片岡愛之助木村文乃岡村隆史エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧