朝乃山と炎鵬、「名古屋場所注目の2大力士」を大研究クローズアップ!

アサ芸プラス

朝乃山と炎鵬、「名古屋場所注目の2大力士」を大研究クローズアップ!

7月7日の七夕に初日を迎えた大相撲名古屋場所。白鵬と鶴竜の両横綱による優勝争いに注目が集まる中、令和初の賜杯を掲げた平幕の朝乃山(25)と幕内最軽量の炎鵬(24)にひときわ大きな声援が送られている。 まずは朝乃山。五月場所の快進撃は記憶に新しい。西の前頭8枚目ながら12勝3敗で初優勝。三役経験のない平幕力士に限れば58年ぶり、富山県出身力士では103年ぶりの快挙だった。 スポーツ紙相撲担当記者が話す。「相撲の...

「朝乃山と炎鵬、「名古屋場所注目の2大力士」を大研究クローズアップ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、魁聖炎鵬朝乃山名古屋場所相撲エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧