ドイツ2番目の世界遺産・シュパイヤー大聖堂は、世界最大級のロマネスク教会

GOTRIP!

ドイツ2番目の世界遺産・シュパイヤー大聖堂は、世界最大級のロマネスク教会

「ドイツの世界遺産の大聖堂」と聞けば、真っ先にケルン大聖堂を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかしドイツには、ほかにも世界遺産の大聖堂がいくつもあります。 そのひとつが、ドイツ南西部の町シュパイヤーにある、シュパイヤー大聖堂。1030年に建設が始まった世界最大級のロマネスク様式の教会で、1981年にドイツで2番目の世界文化遺産に登録されました。 のちの建築史への影響もさることながら、歴代の皇帝や王の墓所...

「ドイツ2番目の世界遺産・シュパイヤー大聖堂は、世界最大級のロマネスク教会」のページです。デイリーニュースオンラインは、シュパイヤー大聖堂ヨーロッパの教会世界遺産ドイツカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧