「第55回夏の甲子園」“昭和の怪物”江川卓に日本中が湧き立った!

アサ芸プラス

「第55回夏の甲子園」“昭和の怪物”江川卓に日本中が湧き立った!

第101回大会を迎える今年の夏の甲子園。予選では、“令和の怪物”と呼ばれた大船渡(岩手)の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手の動向に大注目が集まった。 残念ながら県予選決勝戦で登板を回避、チームも大敗してしまい、甲子園でその勇姿を見ることは叶わなくなったが、元祖・怪物といえば“昭和の怪物”と言われた江川卓(元・読売など)にほかならない。 江川が作新学院(栃木)のエースとして初めて甲子園に姿を現したのは197...

「「第55回夏の甲子園」“昭和の怪物”江川卓に日本中が湧き立った!」のページです。デイリーニュースオンラインは、佐々木朗希江川卓作新学院高校野球甲子園エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧